速くおよび自由な ICE FUSE アイスヒューズ 平型 20A 【在庫処分】 アディオ IF-ATO20A ADIO

ICE FUSE(アイスヒューズ) 平型 20A IF-ATO20A ADIO(アディオ)

速くおよび自由な ICE FUSE アイスヒューズ 平型 20A アディオ IF-ATO20A ADIO 396円 ICE FUSE(アイスヒューズ) 平型 20A IF-ATO20A ADIO(アディオ) 車、バイク、自転車 バイク メンテナンス用品 koppeneck.at,396円,/mazut533100.html,ICE,ADIO(アディオ),20A,平型,IF-ATO20A,車、バイク、自転車 , バイク , メンテナンス用品,FUSE(アイスヒューズ) 396円 ICE FUSE(アイスヒューズ) 平型 20A IF-ATO20A ADIO(アディオ) 車、バイク、自転車 バイク メンテナンス用品 速くおよび自由な ICE FUSE アイスヒューズ 平型 20A アディオ IF-ATO20A ADIO koppeneck.at,396円,/mazut533100.html,ICE,ADIO(アディオ),20A,平型,IF-ATO20A,車、バイク、自転車 , バイク , メンテナンス用品,FUSE(アイスヒューズ)

396円

ICE FUSE(アイスヒューズ) 平型 20A IF-ATO20A ADIO(アディオ)

【適合】汎用 【商品説明】ICE FUSE(アイスヒューズ) Low Proタイプ、IF-LP10Aです。 ●・ICE FUSEには超伝導の技術を利用した、-196℃ Freezing と呼ばれる極低温冷却処理が施されています。−196℃の液体窒素で凍らせることにより金属の原子の並びが整い、電気抵抗値を極限まで下げることに成功しました。 ●・一般的にヒューズは、電気回路の保護としての機能が重視される部分です。しかし保護をすることによりスムーズな送電を妨げるデメリットにもなってしまいます。ICE FUSEは保護回路としての機能も保ちながら電気の流れをスムーズにする革新的なヒューズとなっています。 ●・純正ヒューズをICE FUSEに交換することにより電気の流れる環境が整い、走行性能の向上やオーディオの音質向上が期待出来ます。 ●・素材には純正と同じ銀メッキの同等品を採用。素材にもこだわって作られています。 ●本品は1個入りとなります。

ICE FUSE(アイスヒューズ) 平型 20A IF-ATO20A ADIO(アディオ)

迅速な取引でした。出来れば取り付けの参考程度の説明書は欲しいと思いました。
本日、商品が届きました、迅速な対応ありがとうございました。
本日、商品が届きました、迅速な対応ありがとうございました。
しっかり梱包されており商品にダメージもなく受け取りました。

カテゴリから探すSEARCH FROM CATEGORY

大型筐体板金加工品の製作事例を紹介します。大型筐体や大型のフレーム・架台をはじめ、多数の加工製作実績があります。製品名や材質、業界だけではなく、サイズからもお探しいただけます。

製品名

アプリケーションから探すSEARCH FROM APPLICATION

筐体設計・製造.COMがこれまでに製作した、大型筐体板金品の製作事例を紹介します。400点を超える板金部品を組み立てた大型の筐体や、大型架台・フレームなど、高い精度が求められる筐体板金品の実績は多数あります。

大型筐体もっと見る

その他大型筐体板金品もっと見る

技術提案事例を探すSEARCH FROM TECHNICAL CASE

筐体設計・製造.COMがこれまでに設計者様、開発技術者様に提案したVE事例を纏めました。イラストと分かりやすい解説を付けていますので、開発段階や設計段階の技術資料としてご活用ください。

運営会社情報COMPANY PROFILE

筐体設計・製造.COMが選ばれる5つの理由と、400点を超える板金部品の高精度組み立て、薄板板金の歪みレス溶接を実現する、複合機やファイバーレーザー溶接機などの最新鋭の大型板金加工設備を紹介します。

会社紹介

保有設備その他保有設備

各種サービスと発刊物

筐体設計・製造.COMのご紹介筐体設計・製造.COMについて

筐体設計・製造.COMは、筐体板金加工の中でも特に「大型」と呼ばれる筐体板金加工品に特化した技術情報総合サイトです。また、筐体設計・製造.COMは大型筐体板金加工品の部品点数が多く、溶接による組み立ての難易度が高い筐体品を中心とした精密な板金製品の製作を得意としています。本サイトでは設計者・開発技術者が知っておかなければならない技術情報なども分かりやすく解説します。

新着情報NEWS過去の新着情報

筐体設計・製造.COMでは、大型筐体板金に関する最新の技術提案事例や製作事例、技術情報に関する基礎知識などを発信しています。また、展示会や商談会出展情報なども随時アップしています。